バイク用ホムセン箱を自作する

 

 

旅に向けて改修を進めているCBR250R。

今回はホームセンターで購入したボックスをキャリアに取り付けるための加工などをしていきます!

   

    

   

ホムセン箱を選ぶ

  

  

バイク乗り大好きホムセン箱。

ホームセンターで売ってる箱だからホムセン箱ですね(^_^;)

様々な大きさ、形のバリエーションがあり、価格も2000円弱くらいなのでパニアケースを購入するよりもお財布にやさしいのが特徴です。

   

   

スーパーカブに乗せて走っている方を見かけると、旅感があっていいなぁと思ってしまいますね!

箱とバイクのデザインの組み合わせによってはちょっとダサく見えてしまう事もあるのが難点ですが・・・

   

    

    

    

さて、色んなブログを参考にしていいなと思ったのがこの二つ。

アイリスオーヤマのRVBOX460ASTAGE アクティブストッカー 600です。

     

RVBOX460のほうは、初めからバイクへの積載を考慮して設計されているため固定用ベルトの通し穴や蓋の密閉加工などがされていて使いやすそうです。

実際に愛用されている方も多いですね!

       

というわけでこちらを採用・・・と思ったのですが、持っていく予定のPCが入らない(^_^;)

     

    

     

仕方ないのでアクティブストッカーのほうを使うことにしましたwww

まあこちらもいい物なんですけどねw

今回は赤黒の物を購入しましたが、カブやクラシックタイプのバイクにはこっちの色もよさそうです!

        

     

U字ボルトを取り付ける

    

    

では作業に入ります!

    

まずはホムセン箱にカラビナやネットを引っかけられるように改造していきます。

     

用意したのはこちら。

U字ボルト、ナット、ワッシャー、スプリング、U字ボルト固定用プレート。今回は8㎜のものを使用します。

それから、念のためにワッシャーの隙間をシーリングしておくことにしました。

    

       

    

    

最初にU字ボルトを通す穴をあけます。

場所はホムセン箱の前後の四つ角にしました。

    

    

ここに穴を二つ開けます。

   

U字ボルトで大体の位置を決めたら、8㎜のドリルで穴をあけます。

ボルトが合わないようならボルトが挿さるまで穴ぐりぐりを広げてやりましょう。

        

    

穴を開けたら、U字ボルトにナットとワッシャーを噛ませて穴に挿し、裏からU字ボルトプレート、スプリング、ナットの順に固定します。

    

この時外側のワッシャーにコーキング材を塗って防水加工しました。

    


    

内側はこんな感じ。

これと同じ加工を他三か所にも同様に行いました。

   

    

最後に、開口部の真ん中に穴を開け、南京錠をかけられるようにしました。

  

    

ちょっと南京錠が大きかったかな?(^_^;)

斜めに穴あけして何とか施錠できました!!

    

  

それでは、次ページからキャリアにマウントするための加工に移ります!

  

  

ランキング参加しております。押していただければ励みになりますので、宜しければお願い致します! にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です